写真より可愛い風俗嬢

伝える方法って何だろう

どの風俗嬢だって相手を満足させるという意思は持っているんです。どれくらいのものなのかと言うのは個人差もあるとは思いますけど、少なくとも相手を満足させようとする気持ちと言うのは誰もが持っているんです。ただ、そこで満足感に差があるのは相手のテクニックというよりも、こちらの意志をどれだけ正確に相手に伝えられたのかという点なんじゃないかなって思うんですよね。風俗嬢は性的なテクニックには優れていますけどエスパーではないんです。何も伝えていないのに「じゃ、お任せします」と言われても、相手に何をするのかなんて分からないじゃないですか。でもこちらから「こう言ったプレイが好きなんです」と伝えておけば、間違いなくそれは実践してくれるんですよ。だから大切なのは相手にどのようにして伝えるのかなんですけど、シャワーの際に軽く伝えるとか、プレイ前にでも良いので冗談めかしながら伝えるくらいでも十分だと思いますけどね(笑)

つまらない時間とのコントラストが…

あれだけ楽しい時間は、つまらない時間とのコントラストがくっきりしているという現実もあるんです。自分自身の日常生活は本当につまらないんです。毎日同じことの繰り返しでしかないその現実は、楽しい訳がないんです。でも楽しくないとはいえ、非日常から脱却することは出来ないものなんですよね。そう思った時、風俗のようにすぐにでも非日常をもたらしてくれる存在というのはこれ以上ありがたい物はないんじゃないのかなって思いますし、それだけ貴重なものだなって思ったら、風俗の存在がどれだけありがたいものなのかが分かるというか、いろんなことをもたらしてくれる風俗の存在は、自分にとって、かなり大きなものをもたらしてくれるんだろうなって思うと共に、いろんな時間に対してのチャレンジもあるのかなって。コントラストという点では間違いなく楽しいものなだけに、風俗ってかなり面白いなっていつも思うんですよね。そう思うってことが特別な存在の証左ですよ。